脱毛エステと医療脱毛

脱毛は医療行為になるのでしょうか?

脱毛は医療行為であるといった強い規制は、針を使ったニードル脱毛に関して言われることであろうと
理解するのが素人の考えでもあるでしょう。

 

針を刺すという行為自体がすでに医療現場以外では不可であるとのルールが定められているからです。

 

 

しかし実状医療機関ではない脱毛エステでも針による脱毛の施術を行う所があるのです。

 

医療機関では絶縁針を使用しますが、脱毛エステの針は普通の針だと指摘する方もいらっしゃいます。

 

医療機関の脱毛は脱毛士という資格を有した者のみが治療にあたるのですが、
脱毛エステにその縛りはありません。

 

針を刺す行為ではなく、毛穴に針を差し込み電気を流す行為であるから、
違法にはならないとのエステ脱毛側の言い分があるのですが、
このあたりの不鮮明さはユーザーから見ると非常にストレスを感じる部分です。

 

 

日本医学脱毛協会は医師、または看護師を対象とした医療脱毛士という資格を認定しています。

 

脱毛エステと医療脱毛は脱毛器の出力や性能が大きく違います。

 

高出力、高性能の脱毛器は医療機関にのみその使用が許可されているのです。

 

 

脱毛エステ側ではソワンエステティック協会という特定非営利活動法人が認定美容脱毛士という資格を認定していますが、
この資格を有していなければ脱毛エステに携わることが出来ないという縛りは全くありません。

 

 

ごく一部の脱毛エステサロンがこの資格を有した者の施術であることを謳っているにすぎないのです。

 

エステと医療が同じ土俵で勝負していることに若干違和感を感じずにはいられないというのが率直な感想になるでしょう。